俳句記念日ご応募句目標達成!!!

2018年度俳句記念日大会に向けて俳句のご応募が今年度の目標500句を見事に突破致しました!!!

目標は500句集める事だったのですがとうとう〆切間際までご応募があり

7月31日までに637句集まりました!

8月19日の俳句記念日イベントが楽しみです。

当日の会場で各賞の発表があります。

皆様俳句記念日イベント「8・19俳句記念日大会&デザートパーティー」へお越し下さい。

各賞の発表とプチフールが楽しい交流の場を作ってお待ちしております。

★8・19俳句記念日大会&デザートパーティーはこちら
http://bit.ly/2H0TH9X

銀座飛雁閣句会

2018年度の俳句記念日での司会をお願い致しました北野美穂子さんと蜷川恵美子さんの主催されているオトナ美人ランチ会が銀座飛雁閣で開催され、その席でお二人が句会を開催して下さいました。

お題は「西瓜」と「浴衣」

夏らしいお題の浴衣はちょうど銀座の街の浴衣まつりで、行き返りには粋な浴衣姿の女性を良く見かけました。

会場で集まった俳句をご覧ください。

239夕飯にすいかかぶりつくつわりの日
240インバウンド浴衣だけでスター気分
241浴衣美人銀座の街に涼をよぶ
242浴衣着て素足もいいね夕涼み
243思い出す種を飛ばした西瓜の日
244冷やし西瓜ひたいの汗も心地良い
245華やいでおさななじみと着る浴衣
246打ち上がる切った西瓜と似た花火
247縁側で種とばしした遠い日よ
248夕暮れにすいかの赤が映える浴衣の君
249えりあしの白さ際立つ浴衣美人
250青空に届けてみようスイカ種
251真夏日に学ぶ浴衣がうるわしい
252縁側で皆でワイワイすいか食べ
253熱中症西瓜食べて温度下げ
254暑い夏浴衣姿が涼さそう
255匂いたつ後姿の浴衣かな
256あそんだら早く食べたいスイカ割り
257花火より浴衣の色が美しい
258浴衣着てスイカを食べてお肌ツルツル
259西伊豆の夜咲く花火浴衣着て
260つぎつぎとたね飛ばした先に蟬しぐれ
261夏休みあっという間に食べるスイカ
262浴衣用事実家に取り感じる糊付け愛
263上品に決めた浴衣が西瓜負け
264浴衣着てほおずき市にまぎれこむ
265みどりごの手にあふるるや西瓜食む
266おくれ毛や浴衣姿の夕涼み
267風起こす浴衣姿の夏の君

 

会場で集まりました俳句は俳句記念日大会にエントリーさせて頂きました。

8月19日の結果を楽しみにお待ちください。

 

 

俳句TVゲストアンケートの結果

2014~2017年
uenotakakoの俳句TV

ゲストアンケート結果

日本の四季で何時が一番お好きですか?
春=13名
夏=13名
秋=8名
冬=3名

日本の四季を代表するそれぞれの季語の内でどれが一番好きですか?
雪=3名
月=7名
花=15名
緑=9名

三年間にお招きしたゲスト出演の方々34名の方からの回答の結果です。
ご協力して下さいました先生方ありがとうございました。

面白いことに春夏秋冬、花緑月雪と、季節の暦通りの順になりました。
人間やはり春が一番好きなようです。
そして、具体的な代表と言われる季節の風物詩では、桜が一番なのですね。
なんと多分野の先生方は皆さん真面目なのでしょうか?
何時の時代も人が春を待ち桜を楽しみにしていることがつくづく解りました。
季節としては夏は春と同じ数でしたが、具体的な風物詩としての緑が桜に及ばず、二番目となりました。
夏は、夏休みや行楽の季節で、沢山の思い出があり、好きな方が多いです。

歳時記ブログ:みかん

歳時記ブログ:みかん

早い物は秋から収穫され、冬の果物の王座を占める。
蜜柑と言えば普通その実のことを言う。
蜜柑山、蜜柑狩。

 

 

歳時記ブログ:小春日

歳時記ブログ:小春日

小春、小六月とも言われ陰暦十月の異称。
小春日和は立冬を過ぎてからの春のような暖かな晴れた日のこと。
小春、小六月、小春日和、小春風、小春凪、小春空。

歳時記ブログ:鰯雲

歳時記ブログ:鰯雲

秋によく見る鰯雲は、さざ波にも似た小さな雲片の集まりで、この広がりは小さいことが多いが、一端が地平線まで伸びていたり、空一面に広がっていたりする。魚の鱗のように見える。
鱗雲、鯖雲。

歳時記ブログ:紅葉

歳時記ブログ:紅葉

木の葉が、赤や黄色に色づくことをいう。
紅葉するものでは楓が代表的。
他に蔦、漆、櫨などが美しい。
黄葉するものでは銀杏が代表的である。
紅葉も黄葉も同じくこうようと呼んでいる。

歳時記ブログ:紫陽花

歳時記ブログ:紫陽花

額紫陽花を原形とする日本原産種といわれる。
花びらのように見える四枚の萼(がく)の中心に細かい粒のような花をつける。
咲き始めは白でしだいに色が変化する。
四葩、七変化。