俳句 俳句記念日 歳時記ブログ

銀座飛雁閣句会

2018年度の俳句記念日での司会をお願い致しました北野美穂子さんと蜷川恵美子さんの主催されているオトナ美人ランチ会が銀座飛雁閣で開催され、その席でお二人が句会を開催して下さいました。

お題は「西瓜」と「浴衣」

夏らしいお題の浴衣はちょうど銀座の街の浴衣まつりで、行き返りには粋な浴衣姿の女性を良く見かけました。

会場で集まった俳句をご覧ください。

239夕飯にすいかかぶりつくつわりの日
240インバウンド浴衣だけでスター気分
241浴衣美人銀座の街に涼をよぶ
242浴衣着て素足もいいね夕涼み
243思い出す種を飛ばした西瓜の日
244冷やし西瓜ひたいの汗も心地良い
245華やいでおさななじみと着る浴衣
246打ち上がる切った西瓜と似た花火
247縁側で種とばしした遠い日よ
248夕暮れにすいかの赤が映える浴衣の君
249えりあしの白さ際立つ浴衣美人
250青空に届けてみようスイカ種
251真夏日に学ぶ浴衣がうるわしい
252縁側で皆でワイワイすいか食べ
253熱中症西瓜食べて温度下げ
254暑い夏浴衣姿が涼さそう
255匂いたつ後姿の浴衣かな
256あそんだら早く食べたいスイカ割り
257花火より浴衣の色が美しい
258浴衣着てスイカを食べてお肌ツルツル
259西伊豆の夜咲く花火浴衣着て
260つぎつぎとたね飛ばした先に蟬しぐれ
261夏休みあっという間に食べるスイカ
262浴衣用事実家に取り感じる糊付け愛
263上品に決めた浴衣が西瓜負け
264浴衣着てほおずき市にまぎれこむ
265みどりごの手にあふるるや西瓜食む
266おくれ毛や浴衣姿の夕涼み
267風起こす浴衣姿の夏の君

 

会場で集まりました俳句は俳句記念日大会にエントリーさせて頂きました。

8月19日の結果を楽しみにお待ちください。