歳時記ブログ:みかん

歳時記ブログ:みかん

早い物は秋から収穫され、冬の果物の王座を占める。
蜜柑と言えば普通その実のことを言う。
蜜柑山、蜜柑狩。

 

 

歳時記ブログ:小春日

歳時記ブログ:小春日

小春、小六月とも言われ陰暦十月の異称。
小春日和は立冬を過ぎてからの春のような暖かな晴れた日のこと。
小春、小六月、小春日和、小春風、小春凪、小春空。

歳時記ブログ:鰯雲

歳時記ブログ:鰯雲

秋によく見る鰯雲は、さざ波にも似た小さな雲片の集まりで、この広がりは小さいことが多いが、一端が地平線まで伸びていたり、空一面に広がっていたりする。魚の鱗のように見える。
鱗雲、鯖雲。

歳時記ブログ:紅葉

歳時記ブログ:紅葉

木の葉が、赤や黄色に色づくことをいう。
紅葉するものでは楓が代表的。
他に蔦、漆、櫨などが美しい。
黄葉するものでは銀杏が代表的である。
紅葉も黄葉も同じくこうようと呼んでいる。

歳時記ブログ:紫陽花

歳時記ブログ:紫陽花

額紫陽花を原形とする日本原産種といわれる。
花びらのように見える四枚の萼(がく)の中心に細かい粒のような花をつける。
咲き始めは白でしだいに色が変化する。
四葩、七変化。

歳時記ブログ:桜

歳時記ブログ:桜

花見の行事と結びつき文学や絵画に多く登場し、古くから農作業開始の目安として親しまれてきた。今では東京では染井吉野が代表的。
平安時代以降、花と言えば桜のことで、春の代表的な花とされている。
花盛り、花明り、花影、花時、花の雨、花の山、花の昼、花の雲、花の宿、花埃、朝桜、夕桜、夜桜、若桜、老桜。